旭川市博物館でアイヌ文化に触れる

旭川市博物館は、アイヌ文化に関する展示が充実。今年3月に館長の瀬川拓郎氏に東京でアイヌ文化についてインタビュー(記事は→こちら)させていただき、とても興味を持った。博物館は縄文時代から現代にいたるまで北海道独特のアイヌの歴史について順を追って説明。博物館は、郊外の嵐山にも分館があり、アイヌの復元住居が川沿いに建っており、植物利用などの展示もされていた。アイヌと縄文のエコシステムにについての瀬川先生の書籍も購入。私なりの考察は、また後日。

img_0889

img_0932

img_0937

img_0922

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です