縄文フォーラム「未来につなぐJOMON」

9月16日(土)、三内丸山縄文時遊館「縄文シアター」で縄文フォーラム「未来につなぐJOMON」が開催された。はじめは縄文の価値や魅力を子供たちい伝える取り組みなどを関連団体が事例発表。子供たちに答える際に気をつけること、子供自身にボランティア案内をさせた際の子供たちの感想など様々な話をスライドを交えて、4名の団体の代表者が登壇した。続いての講師の菊池徹夫氏(早稲田大学名誉教授、福島県文化財センター白河館まほろん館長)と岡田康博氏(青森県企画製作部理事、世界文化遺産登録推進室長)のトークは、実際に子供からの質問に改めて気づかされることなどについて触れ、今後縄文を伝えていく活動にあたっての方向性を示した。

IMG-2201

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です